ホーム 【お詫びとお知らせ】

先日開催いたしましたポエトリースラムジャパン 2018前橋大会において、全国大会への進出枠について、主催による重大な過失がありました。

公式サイトでは、前橋大会からの全国大会進出枠を「エントリー定員20名から、優勝者・準優勝者を選出。計2名のファイナリストが全国大会に進出します。」と表記していました。
http://poetryslamjapan.com/rule.html

しかし、実際の大会当日は「優勝と会場賞」というルールで進行しました。つまりルールが2通り存在していたことになります。

本来公正さや厳密さが大前提のルール、ファイナリスト選出方法において、このような間違いがあったことを深く反省し、お詫び申し上げます。大変申し訳ありません。

当初「優勝者・準優勝者を選ぶ」という選出方法を想定していましたが、それを前橋大会スタッフ内で共有できていなかったこと。さらにその後、サイトに記載したことを失念したまま「優勝・会場賞を選ぶ」という別の選出方法を決めてしまったことが、今回の「二重ルール」の原因です。サイトの文責は代表・村田であり、過失の責任も村田にあります。

出場者の皆さま、ご来場いただいた皆さま、そして会場には来られなかったけれどサイトをご覧になり、SNSなどで大会の推移を見守っていただいた皆さまも含めて、多くの方々に混乱を生じ、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。

この事態はまったく主催側の落ち度によるものです。そのため次善の策ではありますが、あらためて前橋大会の選出方法を「優勝、準優勝、会場賞が全国大会進出」として運用することで、せめてもの対応とさせてください。すなわち優勝・荒木田慧さん、会場賞・毒林檎さん、そして準優勝・石渡紀美さんにファイナリストとして全国大会に進んでいただきます。

あらためて、関係各位にとって大きな変更となってしまいますが、どうかご了承いただけますようお願い申し上げます。

 ポエトリースラムジャパン代表 村田活彦