ホームポエトリースラムジャパンについて

ポエトリースラムはポエトリーリーディング/スポークンワードの競技会。その起源は1984年11月、シカゴのGet Me High Loungeでマーク・スミスが始めたとされます。今では南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア、そしてアジアと世界各地に広がり人気を博しています。特にパリでは毎年、ポエトリースラムのワールドカップが開催され、20以上の国や地域の代表が集まります。

ポエトリースラムジャパンは2015年にスタートしました。地区大会を勝ち抜いたファイナリストが全国大会に集結し、優勝を競います。全国大会の優勝者1名はポエトリースラム日本代表として、フランス・パリで開催されるポエトリースラムW杯など、国際大会で活躍していただきます。

またポエトリースラムジャパンでは、客席から選ばれた5人の審査員が各出場者のパフォーマンスをジャッジします。つまりステージに立つ人だけでなく、観客も大事な参加者。ポエトリースラムジャパンは出場者、来場者、スタッフみんなでつくる声と言葉の競技会です。

ポエトリースラムジャパンは大会を通じて、世の中の言葉や表現がより自由で活発に発せられることを目指します。


※ポエトリースラムW杯はパリの団体 Slam Productionが主催しています。Slam Productionの意向として、すでに出場経験のある方はW杯に招聘されません。ポエトリースラムジャパンは、Slam Production に限らず、世界各地のポエトリーリーディング・イベントとの国際交流を目指しています。Slam Productionが日本チャンピオンをW杯に招聘しない場合には、別の国際大会や国際イベントに出場いただきます。